激アツな夜のお仕事体験


興味無かったけど…

私が横浜のキャバクラで働き始めたのは、彼氏に勧められたからです。もともと昼間の仕事は向いていないということもあり、たまたま知り合って付き合うようになった彼氏に勧められるがままにキャバ嬢になっていました。二人でお金を貯めて、沖縄で田舎暮らしをしようっていう約束をして、働き始めたんです。彼はそこそこ高収入の稼ぎだったんですが、なるべく早く移住するためには私がキャバクラで働いたほうがずっと早いと言われました。接客とかしたことが無かったんですけど、彼氏にいろいろ教えてもらいながらなんとかキャバ嬢として成長してきたと思います。男心がわかるのはやっぱり男ということで、営業メールや攻略方法などは彼氏に教えてもらったことで効率良くお客さんをゲットしてきました。私は彼のことが大好きなので、彼に褒められるためだけに毎日必死で働いています。ノルマみたいなのも課せられていて、アドレスを10件ゲットしたらデートしてくれるとか20件ゲットしたらお泊りとか、ご褒美もあります。興味が無かった水商売ですが、早く彼と幸せになるためにも頑張ります。